『ASP.NET MVC5 実践プログラミング』読みました

更新日:

今までWebサイトを構築する際、Microsoftが提供しているVisual Studio 2013という開発ツールを使い、ASP.NET Webフォームと呼ばれるフレームワークを活用するのが定石の一つとされていました。

ASP.NET Webフォームは、歴史もそれなりにある、よくできたフレームワークです。
しかし、その「よくできた特殊性」がゆえにさまざまな問題もはらんでいました。

  • 単体テストを自動化しにくい
  • ASP.NET Webフォーム固有の概念が多い
  • 出力を制御しにくい

こうした技術的な課題を解決するためには、たとえば ASP.NET MVC を活用していく必要があるのではと考えていましたが、情報やノウハウが得にくく躊躇していたところに、いい本に出会いました。

  • 『ASP.NET MVC5 実践プログラミング』
    ASP.NET MVC5 実践プログラミング

この本は、2014年10月01日に第1版が出版されたばかりで、この記事執筆時点では最新の情報が掲載されています。
また、サンプルコードが公開されており、本には書き切れていないその他のコードが入手できるようになっています。

本書の構成

内容ですが、以下のような構成になっています。

  • 導入編
    • 第1章:イントロダクション
    • 第2章:ASP.NET MVCの基本
    • 第3章:Scaffolding機能による開発
  • 基本編
    • 第4章:ビュー開発
    • 第5章:モデル開発
    • 第6章:コントローラー開発
  • 応用編
    • 第7章:ルーティング
    • 第8章:クライアントサイド開発
    • 第9章:単体テスト
    • 第10章:高度な話題(認証/国際化/クラウド対応)

この本は、Visual Studioを使って多少開発をしたことがある方向けかもしれません。
また、MVCとはなんぞやがわかっていた方が理解がしやすいです。

とはいえ、今からASP.NET MVCを使いこなすようになりたいのであれば、まずはこの本を読むことをおすすめします。
特に応用編は、すぐにはその要素技術を使わないとしても、一通り目を通しておくとよいです。

-Blog

Copyright© fullvirtue.com プロダクトオーナー支援スペシャリストのBlog , 2021 All Rights Reserved.