Blog

GAE/Pythonでアプリを作ってみたよ ~ SonicGarden勉強会 参加報告

更新日:

  1. entooについて
    • http://entoo.mat-aki.net/
    • twitterの「train_kanto」の情報を取得してメールで送信
    • Googleのアカウントを使ってログイン
  2. webappフレームワーク
    • テンプレート
    • ルーティング
    • REST未対応->解決
  3. DB API
    • AP風にもアクセス出来る
    • GQLでもアクセス出来る
  4. メールAPI
    • Googleの認証を利用できる
      1. app.yamlで設定
        • login: required
      2. from google.appengine.opl import users
    • 認証画面のデザインが違うので唐突
  5. メールAPI
    • 管理者のメールアドレスからしか送信出来ない
      • Google Accountに登録されているメールアドレスならOK
        • Googleのアカウントか、Google APPSに登録したアカウントのみ
      • from google.appengine.opl import mail
      • mail.send_mail
  6. URLフェッチAPI
  7. cronAPI
    • 設定ファイルで英語っぽく書く
      • 例) every 12 hours
      • 例) 1st monday of sep,oct,nov 17:00
    • adminカウントでのアクセスとみなす
  8. [余談] 管理者しかアクセス出来ないページの設定
    • app.yamlに以下を記述
    • - url: /checks
    •  login:admin
  9. 管理画面
    • 使ったリソース
    • 設定状況
  10. アプリのバージョン管理
    • app.yamlに以下を記述
      • version: 数値
  11. 独自ドメイン使用
    • Google Appsへの登録が必要(無料)
    • Google Appsから、Google app engineを登録
  12. その他いろんなTipsのデモ

GAE/Pythonへの所感や感想など

  • 今日の説明を聞いて、何か作りたいという衝動に駆られた
  • Pythonのendがない記法が、微妙に違和感
  • GAEのヘルプが、思ったより充実してた
  • ローカルでの動作確認の際の、Google認証に変わるダミーログイン認証が用意されているのには感動した
  • PythonにまだHamlがないみたいだが、たぶんそのうち誰か作るんじゃ?
  • rspecに変わる何かがPythonにあるのか疑問(Pythonの自動テスト)(あとで調べる)
  • Google管理画面の統計データ取得の項目の多さに感服、さすがだと感心

-Blog

Copyright© fullvirtue.com IT アーキテクトのブログ , 2018 All Rights Reserved.